日本のdoqo携帯電話の販売台数は3か月で50万台を超え、ヨーロッパおよび東南アジアの市場に完全に参入しました。


最近、doqoのグローバルバイスプレジデントは、3か月でdoqoユーザーが500,000を超えたこと、つまり3か月でdoqoの携帯電話が500,000を超えたという文書を投稿しました。

国際市場に立つために、ドコ電話はブランド戦略においてより多様化されているようです。 昨年の11月には、一部のメディアがXiaomiが欧州連合でdoqoの商標を登録していることに気づき、その後、米国FCCの認証にも合格しました。